2012年09月02日

藤田雅三:たまった本を読んでます



藤田雅三です。

最近またいろいろと本を読むようにしています。結構流し読みなのですが、ピピッとアンテナに引っかかるところや、後で役に立ちそうなところのページを折っておき、読み終えるようにしています。

さて、コンサルタントという仕事をしていると、専門分野以外の依頼を受けることも意外に多いのを改めて感じます。

数年前、コンサルティングファームに務めていた頃、新規のプロジェクトが3つ走るうちの1つをメインでやることになったものの、まったくその分野に関する知識ゼロの状態でコンサルティングに入ることに不安を覚えたことがありました。

チームで進めていけばなんとかなるものですが、そのときの案件はたまたま、ほぼ一人で進めて行かなくてはならない状況だったのです。

そのときの会社の専務が、ポンッとその案件に関する専門書を56冊、私の目の前に置くと「じゃ、これキックオフの日までに読んで専門家になっておいてね」とひと言。

「え〜もう数日しかないのに、読めるわけないじゃん、毎日終電帰りだし・・・」と思いつつも、なんとか一通り目を通していくと、なんとなくですが、キックオフ当日までにはある程度その分野について語れるようになっていたのですね。

そしてプロジェクトを進めながら、さらに情報を集めていくと、つい先日まで知識ゼロで不安を覚えていたにもかかわらず、いつのまにか昔から詳しかったかのように(笑)クライアントとの対応を進められるようになっていました。

どんな仕事でも「走りながら考える」というやり方ができることは大切だと思います。

特にコンサルタントという仕事は、経験のない業界や、未知の領域に踏み込んで仕事をすることも多いわけです。

短期間で情報を収集するとか、必要になったときに専門書や論文を一気に読み込み短期間で専門家になる、キャッチアップの早さといったスキルが必要だと、その時以来感じています。

必要なときに、と書きましたが、本当は普段からいろいろ勉強しておけば良いことなんですけどね。

そんな事を最近また思い出し、家にたまっていた本を読むようにしているところです。




posted by コンサラート at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

藤田雅三:健康管理

藤田雅三です。


つい最近、大学時代の友人2人と飲む機会がありました。


話題と言えば、学生の頃の昔話と健康の話(笑)。


学生の頃の話は良いとしても、健康の話がでてくるあたりはもうみんな中年になったなーという感じです。

子供の頃に大人の話を横で聴いていて、難しい仕事の話と健康の話ばかりだなと思ったことがあったのですが、みんなそうなっていくのでしょうね。


友人2名のうち1人はもともとスリムでしたが、しょっちゅうジム通いをしていて、筋肉をつけてさらに絞り込んでいます。

もう一人の友人は、学生の頃から太めではありましたが、昔と比べるとスリムになっていて、どうやら毎朝30分のウオーキングが効果を発揮しているようです。


私はと言えば、最近周りから「なんか太ったよね」と言われている始末で。。。


友人を見習って、なにか運動をするようにしようと思います。
まずは気になるおなか周り、腹筋でもやろうかな。。。

posted by コンサラート at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

藤田雅三:蹞歩を積まざれば、もって千里に至るなし


藤田雅三です。

突然ですが、年明けからエレキギターの練習をしています。
 

2から大学生の頃まではずっと毎日弾いていたのですが、もう20年以上もギターに触っていませんでした。

さすがに20年以上のブランクは大きく、右手も左手もぜんぜん思うように動かず、覚えている曲やフレーズも殆どないという、まったくの初心者状態です。


これでも高校生の頃には地元のコンテストでベストギタリストを受賞したりしたこともあったのですが、今となってはもはや見る影もありません(涙)。

年を取ってくるといろいろと昔やり残していたなぁと感じることがやけに気になるようになり、この際やれるうちに何でもやっておこうという気持ちになって、年明けの1月3日から埃をかぶって眠っていたギターを引っ張り出し、弦を張り替え練習を再開。毎日ほんの15分程度でも、ギターに触れていると、学生時代と比べればさっぱりですが、少しずつ指や手が動くようになっていくのを感じています。

そうしてみると、毎日何かを続けることって本当にすごい。

まぁこれは趣味のギターのことなので難しく考えなくて良いのですが、これが仕事に関する勉強だったり、自己啓発だったりすると、なんだか恐ろしい感じがします。雨だれ石をうがつと言いますが、毎日15分何かやる人とそうでない人とでは大変な違いが出てくるんだろうなぁと。

やったほうがいいかなと思いながら、何だかんだと言い訳をして、していなかったことが結構あります。


日ごろの不精を反省し、もう一つ二つ何かを決めて毎日15分、続けてみようと思います。



 

posted by コンサラート at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

藤田雅三:デジタルな仮想空間でヒューマンな再会が

藤田雅三です。

遅ればせながら昨年暮れ頃になってようやくフェイスブックなるものに登録いたしました。

個人的なホームページ(個別株デイトレ、スイングトレード、日経225先物とオプション)はホームページビルダーで2003年に開設、225先物・オプションのブログは2004年に開設しており(すでにHPは閉鎖しましたが、ブログはひそかに残っています。URLは秘密です(笑))、比較的早いうちからこういったWebサービスを利用しているほうだと思うのですが、フェイスブックにはなかなか手をつけておりませんでした。

診断士ならばこういったツールも使いこなし、支援先に提案できないと・・・との思いから、昨年末ごろようやく重い腰を上げてこっそりとフ
ェイスブックに登録をしたのですが、こっそりどころか、あっというまにバレてしまうのですね。

 
メアドやら友達の友達?とか何やらで、すぐに知り合いに開設したことがバレてしまうのには驚きました。また、公開・非公開の設定にもよるようですが、誰がどんな人脈を持っているのかも分かってしまうのにもびっくりです。

そんな恐るべしフェイスブックですが、良いことも。

長年(15年とか20年とか)会っていなかった大学時代の友人やら先輩方と、再び出会えたことでしょうか。

同級生はまだしも先輩などは、へたをすると学校を卒業してから一生会わないでいた可能性もありますよね。

私も大学を卒業してから早20年以上がたちますが(年をとりましたトホホ・・・)、まさかフェイスブックを通してこんな再会があるとは思いませんでした。

 
こういったツールがなければ、一生再会することはなかったかもしれないと思うと、本当に不思議?な世の中になったものです。

次から次へと新しいITやWebサービスが登場し、ついていくのが大変ですが、こうしたヒューマンなお付き合いが生まれるきっかけになるのは良いことですね。
posted by コンサラート at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

藤田雅三:自分を変えるなら

少し前に、学生時代からの友人とかなり久しぶりに飲む機会がありました。

5〜6年ぶりになるのですが、お互い前にあったときとはずいぶんな変わりよう。
彼は白髪も増えてきているし、私はといえばかなりおなかが出てきて体型が変貌しています。

お互いもう40代、気持ちの上では大学生?なのですが、肉体の衰えは隠せません(汗;。

まぁそれはそれとして、おどろいたのは私や彼のものの考え方や行動は、学生時代からの自分達を考えるとずいぶん変わってきているように感じたことです。

勢いがあり、怖いもの知らずの若い頃とくらべると、やはり年を取ってくるといろいろな事に慎重すぎるほど慎重になってしまっている我々。

この20年、彼とはいろいろな節目節目で連絡を取り合い、意見交換をしてきたのですが、お互いに学生の頃からは想像もできなかった出来事が、この20年くらいに起こっており、その環境や立場が変わる度に、我々の考え方や言動、行動がおどろくほど変わってきているのを感じます。
年齢の変化もあるとは思いますが、それ以上に環境や立場が自分をそうさせているのを、彼も私もお互いに感じました。

過去と他人は変えられない、変えられるのは自分から、などとよく言いますが、そうは言っても自分を変えるのもなかなか大変なものです。

今の自分を変えたければ、今の環境や立場を思い切って変えてみることも必要ですね。

次回また飲む機会を楽しみにしています。
posted by コンサラート at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

藤田雅三:思いこみに注意

最近はコンサラートから頂くお仕事で、講師業をする機会が非常に多くなっています。

以前はほとんど講師業務には手を出していなかったのですが、やってみるとこれがまた、なかなかやりがいのある業務です。

1日5〜6時間の講義をする日もあるので、のどの強さにあまり自信のない私でしたが、やってみると意外に1日ちゃんと保つことがわかりました。

近年、花粉症っぽく、春先は心配なのですが、今後は機会があればどんどん講師業務にもチャレンジしていきたいと考えています。

食わず嫌いや思いこみはよくないですね。

さてもう一つ、思いこみと言えば、
今年は節電の夏、ということもあり昨年まで上着、ネクタイは欠かさなかった私もついにクールビズに便乗してしまいました。
私が今まで頑なに上着、長袖シャツ、ネクタイをしていたり、いつも大きなキャスターバックを持ち歩いていたりしていたのも、ちょっとした思いこみからかもしれません。

コンサルティング会社に勤務していた時代は、「半袖シャツはだめ、コンサルタントは肌をみせるな」とか「カバンの小さいヤツは稼げない」などと言われ、夏でも長袖シャツに大きなキャスターバックを毎日ゴロゴロさせてたりしましたが・・・。
今では、半袖ではないもののノーネクタイ、カバンは結構大きめなものを持ち歩いていますがキャスターバックはやめました。

来年の夏からはもう、スーツはやめてズボンだけ買いそろえるのもありかな、などとも考えています。
あまりカジュアルになってもいけないと思いますが、
いろんな呪縛?から自分を解放してみるのもいいかもですね。

posted by コンサラート at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

藤田雅三:2つの習慣

コンサラートブログの読者の皆さんこんにちは、藤田 雅三(フジタ マサカズ)です。


タイトル通り・・・7つの習慣!、じゃなくてたった2つです(汗;)


なにかとズボラな私が、毎日続けていることが2つだけありました(ブログ以外に)。

1つめは、「ワンクリック募金」
これは2005年の夏頃から始めたので、もうかれこれ6年になりますよね。
パソコンに触れられる環境でない日以外は毎日ポチポチとたくさんクリックしています。


2つめは「トイレ掃除」
実を言うとこれは昨年の10月からなのでまだまだ日は浅いです。
部屋の掃除なんて滅多にしない私なのですが、トイレだけは毎日。

別に何かを信仰しているわけではないですが、よく玄関とトイレは綺麗にしておくと良いとか言いますよね(言わない?)。

で、なんとなく心を入れ替えて?トイレ掃除を毎朝することにしたのです。

めんどくさいんですが、やってみるとこれが結構良い。


毎日掃除していると、よごれも少ないので、掃除が嫌じゃないんですよね。
汚れをためてしまうと、さらに掃除が嫌になって悪循環になってしまいます。


たった2つだけですが、これからも良いと思う習慣は少しずつ増やしていこうと思います。

良い習慣は運を呼び込むと信じて。。。


・・・これで今まで運が向いてきたかどうかは、、、微妙ですが(汗;)

posted by コンサラート at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

藤田雅三:はじめまして

コンサラートブログ「日本の社長を元気にするぞ!」の読者の皆様、はじめまして。
藤田雅三(フジタ マサカズ)と申します。

昨年9月に独立して事務所を立ち上げ、その後いろいろな方々のお世話になりながらあっというまに8ヶ月が過ぎてしまいました。
今年4月からコンサラート事務所をご一緒させていただき、メンバーに加えていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。


さて、ここに至るまでの経緯を少しお話ししてみたいと思います。

私はもともと、某T県という地方で、親の後を継いでスーパーマーケット、食品卸売業、惣菜製造業3社の経営に携っておりました。
良い時期もありましたが、結果的には廃業するにいたりました。

廃業後はさすがに人生どん底、目標もなく、何をして良いのかわからない日々を過ごしていました。そこで思い出されたのが、懇意にさせていただいていたコンサルタントのS先生でした。私も先生のように、コンサルタントとなって自分のような中小企業経営者のご支援をしよう!と考えたのです。


考えたのは良いですが、T県のようなド田舎で、商売を廃業して、コンサルタント経験もない私がどうしたら経営コンサルタントになれるのか?ほんとにやっていけるのか?迷いはいろいろとありましたが、とにかくなると決めたその日から、毎日自分が経営コンサルタントとなって、全国を飛び回っている姿を思い描きながら、行動に移すことをはじめました。


以下、簡単に書きますね。

○とりあえず経験をつむために、コンサルティング会社に入りたい!
→ 京都の某流通系コンサルティング会社に就職が決定。


○どうせやるなら東京へでて経験を積みたい!
→ 東京のコンサルティングファームへ転職が決まる。


○大企業だけでなく、中小企業のコンサルティング経験を積みたい!人事系のノウハウを勉強したい!
→ 人事系コンサルティングファームへ転職が決まる。


○人事系のファームでは周りが皆社労士。自分も独立するなら何か資格を取りたい。中小企業診断士になりたい!
→ すぐに資格学校に通いはじめる。


○理論だけでなく実務能力を身につけたい!
→ 退路を断つために退職して、中小企業大学校で充実した日々を過ごす。


といった感じで、一度コンサルタントになるぞと決めたときから、ずっとそのことばかり考えて行動してきた結果、5年がかりではありますがなんとか中小企業診断士として独立するに至りました。


実はコンサラートという会社のことは、診断士の勉強をしているときからネットでHPを見て知っていました。そのときから「コンサルティング会社のようだけど、何やら楽しそうな所だなぁ・・・」といった感じで、独立してもこういった形でコンサルタントのチームで仕事ができるといいなぁなどと考えていました。


すると、中小企業大学校ではコンサラートのメンバーがインストラクターとして来ていらっしゃったり、卒業してからは、某研修を通じてコンサラートのメンバーとお知り合いになることができ、そうしているうちに「オフィスに来ませんか?」というお誘いを受けて・・・といった経緯を経て、4月からメンバーにしていただいたというわけです。
2年ほど前に「いいなぁ」と思いながらHPを見ていたときにはまさか自分もメンバーに加えてもらえるなんて思いもしませんでした。


私自身、これからどうなっていくのか、よくわからないのが正直なところです。

でもこの数年間、幸いにも今までこうなりたいと考えてきたことが、すべて実現して(程度の問題はあれど)きています。
毎日毎日そのことを思い描いて、なにかしら行動に移していたら、少しずつ願いがかなってきているように思います。


“思い描けば叶う“と信じて、今後もがんばっていこうと思います。
いろいろとチャンスを与えてくださったコンサラートメンバーに「感謝」いたします。
これからもよろしくお願いいたします。

posted by コンサラート at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤田雅三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。