2012年09月11日

園田晋平:シェア

こんにちは、園田晋平です。

最近、自分がいただいた仕事を、少しではありますがコンサラートメンバーに「シェア」できるようになりました。

決して私にたくさん仕事が集中して溢れたために、他のメンバーにお願いするというのではなく、よりお客様に喜んでいただくという「成果」を出すには、当該案件をより得意とするメンバーに協力いただく、もしくはお任せするほうがよい、という理由からの「シェア」です。

独立して1年5か月、まだまだ先輩メンバーなどから「シェア」していただく場合が多いのですが、こちらからも「シェア」することによってみんなで高め合う、この概念を胸に秘め、もっと目の前の仕事に真剣に取組み、もっと積極的にワークしていくことを、結婚披露宴からちょうど1年経った本日、改めて宣言いたします。

下半期もよろしくお願いします(^^)/


posted by コンサラート at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

園田晋平:後半戦に突入ですね

こんにちは、園田晋平です。

今日は7月1日、今年も後半戦に突入しましたね、本当に時が経つのは早いものです。

今年は1月に家族が増えたこともあってか、最近はいっそう色々なことに時間を費やしたいと思うようになりました。

思いつくだけでも、支援先の企業様ともっとあらゆる意味でコミュニケーションを図りたい、以前いた業界関係などに営業活動もしたい、もっと製造業の勉強をしたい、読書をしたい、家族ともっと遊びたい、料理を楽しみたい、学生時代の友人と久々に飲みたい、筋トレを復活したい、ゴルフも復活したい、レンタカー借りてドライブしたい、ふらりと吉祥寺に行きたい、などなど・・・

そしてそして、仕事の質も量もアップしたい!

そんなことを思いながらも、日々、無駄と思われる時間も多く過ごしております(苦笑)。でも無駄な時間を無駄と感じるからこそ、いっそう時間を大切にする気持ちが芽生えるのではないかと思い、それなら無駄な時間も無駄ではないのかな、なんて思ったりしています。

いずれにせよ、今年の後半戦も、目の前のことに念を入れて日々過ごしていきます(^^)/
posted by コンサラート at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

園田晋平:マリアージュ?を始めました

こんにちは、園田です。

最近、時間を見つけては料理をするようになりました。長かった一人暮らし生活の時はほとんどしなかったのですが(苦笑)

中でもイタリアン、特にパスタに目覚めて、オイル系、トマト系、クリーム系などを、レシピと嫁のアドバイスを参考にしながら楽しんでいます。

最初はただ作って、という感じでしたが、最近はだいぶ研究もするようになりました。どんな研究かというと、イタリア文化や各地方の気候や風土、そこから生まれる食文化などです。

そういうことがわかってくると、お酒好きの僕としては、今日のこの料理に合うワインはどれかという楽しみが生まれました。これまで約20年は、どんな料理にももっぱらビール&焼酎でしたが(苦笑)

ワインと料理は切っても切り離せない関係で、その相性は理想的な結婚になぞられて「マリアージュ」(結婚の意)と表現されるようです。料理とワインの味わいがお互いの良さを高め合うという意味も込められているようです。ワインと料理の相乗効果、まさに組織においても同じことがいえるかもしれませんね。個々の良さを認め合い、適材適所で発揮して、組織として最高の喜び(成果)を得る、これこそ組織にとってのマリアージュでしょうか。

そんなわけで、安旨ワイン情報をぜひ教えてくださいね(^o^)
posted by コンサラート at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

園田晋平:頼まれごとをやり続ける

こんばんは、園田晋平です。

突然ですがみなさん、宮廷画家とか宮廷音楽家なんて言葉は聞いたことありますか?たぶん聞いたことがある方は多いかと思います。

中世から近代において芸術の世界において優れた偉人が生まれました。ミケランジェロ、ルーベンス、モーツアルトなどなど。彼らが現代まで評価されている優れた作品の多くは、まさに宮廷から頼まれたので制作にとりかかった作品なのです。

芸術家というのはもちろん自らの衝動にかられて優れた作品を残す場合もありますが、誰かに頼まれたので制作に取り掛かった場合、それこそ後世に名を残す名作を残すことが多いということです。

何が言いたいかといいますと、仕事において、自分の満足のため、自分の稼ぎのため、というよりも、私にこの仕事をするようにと頼んでくれた方のため、私を頼ってくれた方のため、または私がこの仕事を遂行することによって喜んでくれる方々のため、という思いで取り組んだ時のほうが、最高の作品(結果)を残せやすいのではないか、ということです。

そんな利他(もしくは利行)の精神を念頭に、私どもは頼まれた仕事に対して、たんたんと、にこにこと、ひょうひょうと、黙々と行っていきます。そして素敵な成果を残していきます(^^)/

今年もコンサラートを宜しくお願いします。








posted by コンサラート at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

園田晋平:明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。園田晋平です。昨年は多くの方々に支えられて1年を過ごすことができたことを深く感謝いたします。本当にありがとうございました。

現在1月3日のAM8時30分、これから今年の私の仕事始めです。仕事始めに先立ち、まずは今年の第一声をコンサラートのブログに記そう、ということで書き込んでみます。

昨夜、今年の目標として手帳に6つのことを記しました。「目標」というよりも「こうなりたいなあ」という感じのもので、色々と取り組んでいった結果として、こういう風になれたらなあ、と思ったのを忘れないように記していたら、6つになりました。

次に「こうなりたい」を実現するにはどうすればよいか、ということを考えました。やはり「ひたむきな努力」や「綿密な計画と実行」といった言葉が思い浮かんできました。

努力や計画ももちろん大事なことですが、私としてはあえて「念を入れて生きる」、これをモットーに取り組んでいくこととします。

「念」という字はよく見ると「今」の「心」と書きます。すなわち「念」とは「今を大切にする心」というのが本来の意味らしいです。今年の私はこのことを意識して「今まさに目の前にある仕事や、目の前にいる方を大切にすること」を実践し続けていきます。これはあたりまえのことで、多くの方がすでに実践していることかもしれませんが、あえて私は「念を入れて生きる」をモットーに、笑顔と感謝の気持ちで日々を過ごしていきます。

最後になりましたが、みなさまにとりまして2012年が良い年になりますことを心より願っております。今年もはつらつといきましょう(^^)/
posted by コンサラート at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

園田晋平:締切迫る!横浜ビジネスグランプリ2012

こんばんは、園田晋平です。

コンサラートが運営事務局を担っております『横浜ビジネスグランプリ2012』ですが、エントリー締切の11月15日が迫り、おかげさまで続々とエントリーをいただいております。

私も事務局チームの一員として参画していますが、日本全国からエントリーが届く喜び、そして想いの入ったプランを目にする感動を日々体感しています。

エントリーされるプランについて、当たり前ですが、ほとんどのプランが『ご自身の強み×市場ニーズ+ご自身の想い』という公式で成り立っています。ニュービジネスは、シーズとニーズが結びつき、そこに自分の想いが入ることによって生まれるのだな、ということを目の当たりにしています。

来週は審査員による厳正な1次審査が行われるのですが、事業化段階のみならず、アイディア段階のビジネスプランも、事務局として心よりお待ちしています!締切は11月15日(火)17時です。(22歳以下部門は12月12日)

よろしくお願いします!(^^)!
posted by コンサラート at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

園田晋平:横浜商工会議所様主催の創業セミナーのご案内です

こんにちは、園田です。今回は横浜商工会議所様主催の創業セミナーのご紹介です。

このセミナーは、主に物販・飲食・サービス業向けで、これから創業を目指す方、また、創業して間もない方を対象の創業支援セミナーです。円滑に創業を実現して事業を失敗させない、また、上手く軌道に乗せるためのノウハウを、講師・経営者とのディスカッションやPCを活用した事業シュミーレーション・計画書づくり等の実習を交えながら学びます。

詳細は以下の通りです。

<日 時>
平成23年10月22日(土)、29日(土) 10:00 〜 17:00 <2日間コース>
<会 場>
横浜商工会議所 会議室 <横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル8階>
<内 容>
本セミナーでは、カリキュラムごとにディスカッションやPCを活用した事業のシュミーレーション・計画書づくり等の実習を取り入れ、より実践的に学びます。(PCは、当日、横浜商工会議所でご用意し、2 名で1 台を使用して頂く予定です。)
<カリキュラム>
◇ 事業の目的・目標・コンセプトを明確にする
◇ 事業イメージをつくり、検証する
◇ 立地と店舗づくりを学び、希望物件のイメージをまとめる
◇ 不動産賃の貸借契約について学ぶ
◇ 店舗をつくる (内装設計・工事等の基礎知識)
◇ 経営のための基礎データを身に付ける
◇ 事業計画書をつくってみる
◇ 事業のシュミーレーションを行い、計画書をチェックする
◇ 成功への着眼点を学ぶ (勝負は立ち上げ直後で決まる)〜 飲食店経営者とのパネルディスカッション 〜
◇ 事業計画書を完成させる
<講 師>
NPO法人 総合プロデュース協会
久保田 弘 氏 (中小企業診断士・SC 経営士・商業施設士)
藤 田 明 美 氏 (中小企業診断士・宅建取引主任者・インテリアコーディネーター)
遠 藤 啓 治 氏 (中小企業診断士)
<受 講 料>
無 料(定員24名/先着順)
<お申込み>
氏名・住所・開業予定業種・開業予定時期を明記のうえ、E-mail(soudan@yokohama-cci.or.jp)でお申込み下さい。
<お問合せ>
横浜商工会議所 中小企業相談部 TEL.045−671−7450 FAX.045−671−7496

詳しくは、http://www.yokohama-cci.or.jp/0_PDFetc/702/sougyoseminar.pdfをご覧ください。
posted by コンサラート at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

園田晋平:J-Net21へ連載を開始いたしました

こんにちは、この9月より自分の日々の心がけを「感謝・自信・信念」にして以来、徐々にですが上昇気流を感じている(気のせいかもしれませんが…)園田です。

さて、このたび中小企業基盤整備機構のポータルサイト「J-Net21」に『元支援機関職員が教える施策活用法』というタイトルで短期連載を開始いたしました。実際に施策を活用した企業を題材に、施策の本当の意義や実状をレポートするというものです。

第1回目は、海老名市にある警備会社が、福祉トイレ事業に進出して経営革新を取得した事例を紹介しております。この連載の話をいただいた時に、真っ先に紹介したいと思ったのが、この警備会社のことでした。読んで頂くとお分かりになるかと思いますが、この社長の社会的弱者に対する強い思いやりの心が、多くの障がい者の外出時のトイレという難題を解決する事業を生んだという事例です。

独立コンサルタントという道を選び、時には悩み苦しみ、また今までに得られなかった喜びややりがいを感じながら半年が過ぎようというこの時期に、「J-Net21」という有名サイトに登場させていただいたことは大いに励みになり、また、連載という貴重な機会を作って頂いたコンサラート代表の岩岡ほか多くの方に感謝しております。

ぜひともご覧くださいませ!
http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/kaleidoscope_23-1.html

posted by コンサラート at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

園田晋平:海外事業展開事例研究会セミナーのご案内

こんにちは、園田晋平です。

今回、業界、業種を問わず海外業務の経験のある企業OBと海外進出に関心のある企業の方を会員とする任意の団体
「海外事業展開事例研究会」http://success-abroad.com/
が主催する、第1回研究会セミナーのご案内をいたします。 ご関心のある方は奮ってご参加ください。
  
「急を告げるアジアビジネス アジアの事業経験から抉(えぐ)る!」

空前の円高、新興市場のさらなる伸長を背景に日系企業のアジア進出は加速の一途を辿っており、今や中小企業もその波を捕まえ乗じる時を迎えています。風雲急を告げるアジアビジネスでの勝利者づくりを目指し、各国で事業展開に携わった経験者が実体験を紹介し参加者全員で語り合う、成功のノウハウ探求の場を企画しました。アジア事業展開をお考えの方、中小企業支援に関心のある方はぜひご参加ください。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 セミナーの構成 〜
 <第1部> 1.研究会代表挨拶: 猪狩代表幹事
             2.講演: 昭和精工株式会社副社長 木田成人様
                   「今、海外進出企業が企業OBに望むこと」
             3.パネラー(4名)による体験発表:対象国とプロフィールは別表参照
             4.パネラー相互、及び参加者を交えた意見交換

 <第2部> 別会場にて参加者同士の交流懇親会を行います。

[日時]   2011年9月16日(金)
         第1部:15:30〜17:30(15:10受付開始)、第2部:18:00〜19:30

[会場]   第1部:かながわ県民センター304号室
        横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 TEL: 045-312-1121(代表)
       (交通アクセス ⇒ http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html
         第2部:ニュートーキョーZA・KO・BA(県民センター正面前ビル地下1階)

[対象]  当研究会会員およびアジア事業展開をお考えの方、中小企業支援に関心のある方

[参加費]  3,000円(交流懇親会費用を含む。当日、受付でお支払いください)
         ※第1部のみに参加される場合は、会員*は無料、一般の方は1,000円を頂戴します。
    (*:会員にはセミナー当日に登録手続きをされた方を含みます)

◇お申込み/お問合せ先
こちらのHPのTOPページから申込書を開き、メールはFAXでお申込みください。
 http://success-abroad.com/ 

◇送付先: 海外事業展開事例研究会事務局
 メール宛先: information@success-abroad.com FAX: 045-342-8317

よろしくお願いします。

posted by コンサラート at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

園田晋平:サービス・マーケティング

プライベートなことで恐縮ですが、先日、自分の結婚式場選びをする機会がありました。

もちろん初めての体験であり、相方とネットや雑誌で候補の式場をいくつかしぼった上で
実際に見学に行きました。

その中で最終候補はAとBの2つにしぼられました。式場のコンセプトはほぼ同じで価格
も同じで、料理の質もほぼ同じでありました。

一生に一度の晴れ舞台、迷って当然かもしれませんが、迷わずAに決めました。

AとBの決定的な違いは何か、それはAの担当者の接客態度の素晴らしさです。

顧客と直接に接する販売員や担当者のことをコンタクトパーソネル(CP)といいます。顧
客の多くはモノやサービスを買う際、CPのクオリティも重要視します。特にサービスとい
うのはモノとは異なり形が無いので、CPがいっそう重要視されます。

そのため今回見学したどの式場もそれぞれのコンセプトに合わせた接客教育がなされ
ていた印象があります。いわゆるインタラクティブ・マーケティングという考え方に基づく
ものです。

その中でAの担当者はきちんとマニュアル化された接客に加えて「心からのおもてなし」
「相手を思いやる心」すなわちホスピテリティを強く感じられたかのかもしれません。この
担当者であれば式当日までおもてなしの心で携わってくれる、と思いました。

私たちコンサルタントもいってみればサービス業です。コンテンツを磨くのは当然ではあり
ますが、常に相手を思いやる心を持って接していかなくては、と改めて思いました。





posted by コンサラート at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

園田晋平:掃除と笑いと感謝

こんにちは、園田です。

もう5年以上も前ですが、会社勤めをしていた当時、精神的にかなり落ち込んでいた時期がありました。

そんな時、会社の先輩と飲みに行き、帰りがけに「これでも読みな」と一冊の本をもらいました。

その本はジャンルは自己啓発でしょうか。言ってみれば幸福論です。さらっと読めましたが、内容は要約すると以下のとおりです。

・幸せを感じるには掃除と笑いと感謝が大切である。

・掃除 : 特にトイレ掃除をするとお金に困らなくなるかもしれない。
・笑い : 笑えば笑うほど健康になる。
・感謝 : 目の前のことに感謝する。「ありがとう」は魔法の言葉で、たくさん言えば言うほど「ありがとう」と言わざるをえない現象が次々に起きる。  

何も科学的根拠のない話しで、ふーんという思いで読み終えました。まあ掃除することも笑うことも感謝することもお金はかからないし、これからは今までよりトイレ掃除の回数を増やし、なるべく笑顔でいて、「ありがとう」を意識的に多く発して、少しでも気が楽になれば、なんて思いました。

そして今、振り返ってみて、確かに「ありがとう」という言葉はいつしか無意識のうちに多く発するようになりました。特にここ最近は公私ともに「ありがとう」を発する出来事ばかりです。本当にありがたいことです。魔法の言葉かどうかわかりませんが、「ありがとう」と言われても気持ち良いものです。

これからも人として、社会人として、コンサラートメンバーとして、自分と関わるすべての方々に対して「笑顔」で、「感謝」の気持ちで接して、そして、たくさんの笑顔と感謝を実感し合える存在でありたいと思っています。

(^O^)ありがとう(^O^)
posted by コンサラート at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

園田晋平:はじめまして

みなさま、はじめまして!中小企業診断士の園田晋平です。4月よりコンサラートのメンバーに加わりました。これまで特に神奈川県の企業の方々にはいろいろとお世話になり今日に至りました。これからもよろしくお願いします。

さて、コンサラートメンバーとしてさっそくのブログ執筆ですが、バーナードの組織論を用いてコンサラートというチームについて書きたいと思います。

バーナード(1886~1961)は米国の経営学者で、近代組織論の祖と言われています。そのバーナードが、「経営者の役割」という著書の中で、組織が組織として成立するためには、3つの要素が必要であると述べています。その3つの要素とは、

@互いに意思を伝達する人々がいること(コミュニケーション)

Aそれらの人は貢献しようとする意欲をもっていること(貢献意欲)

B共通目的の達成を目指すこと(共通目的)

さて、コンサラートをこの3つの要素に照らし合わせると、何ら明文化されているわけでもないのに、3つの要素をきれいに満たしています。

チームのメンバー全員が独立コンサルタントとして高いパフォーマンスを持っていることもありますが、法人化してまだ3年ちょっとなのに、すでにしなやかで能動的な組織デザインが形成されています。特に「貢献意欲」…私の大好きな言葉ですが、事務所内はメンバーの貢献意欲で溢れていて実に居心地がいい。よりいっそう使命感が高まります。いつかコンサラートという組織の企業文化を研究・分析して、企業の活性化支援などに活かせられたら、と思っています。

さて、そのような中、私も「日本の社長を元気にするぞ!」という共通目的の達成に向けて、365日フル稼働していきます。これまで製造業との関わりが多かったのですが、今後はもっともっと切り口を増やしていきます。経営は生き物ですので日々勉強していきます。そして、この分野では絶対に負けない!というのを早く一つ構築していきます。意欲が湧けば知恵も勇気も出てくるのだと思っています。

今回の未曽有の大震災の影響を受けて、厳しい経営環境に陥っている企業様も多いかと思いますが、共にがんばっていきましょう!共に実践していきましょう!


posted by コンサラート at 13:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。