2011年09月27日

園田晋平:J-Net21へ連載を開始いたしました

こんにちは、この9月より自分の日々の心がけを「感謝・自信・信念」にして以来、徐々にですが上昇気流を感じている(気のせいかもしれませんが…)園田です。

さて、このたび中小企業基盤整備機構のポータルサイト「J-Net21」に『元支援機関職員が教える施策活用法』というタイトルで短期連載を開始いたしました。実際に施策を活用した企業を題材に、施策の本当の意義や実状をレポートするというものです。

第1回目は、海老名市にある警備会社が、福祉トイレ事業に進出して経営革新を取得した事例を紹介しております。この連載の話をいただいた時に、真っ先に紹介したいと思ったのが、この警備会社のことでした。読んで頂くとお分かりになるかと思いますが、この社長の社会的弱者に対する強い思いやりの心が、多くの障がい者の外出時のトイレという難題を解決する事業を生んだという事例です。

独立コンサルタントという道を選び、時には悩み苦しみ、また今までに得られなかった喜びややりがいを感じながら半年が過ぎようというこの時期に、「J-Net21」という有名サイトに登場させていただいたことは大いに励みになり、また、連載という貴重な機会を作って頂いたコンサラート代表の岩岡ほか多くの方に感謝しております。

ぜひともご覧くださいませ!
http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/kaleidoscope_23-1.html

posted by コンサラート at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 園田晋平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクサーです。記事を読みました。警備会社から勇気あるチャレンジに敬意を表します。わたしは一月に前からスポーツ中に脚を負傷しギプス生活です。普段気が付かなかった道路のちょっとした段差に悲鳴をあげながら、道路などの整備に対する認識が高まりました。そういう部分も含めてタイムリーな話題で、うんうんと頷きながら読ませてもらいました。
Posted by ボクサー at 2011年10月02日 23:27
ボクサー様
コメントに気づかなくて返信が遅くなり申し訳ありません。また、記事を読んで頂きありがとうございます。嬉しいコメントでこちらも嬉しくなりました。
このトイレカーは設計者である社長の優しさの詰まった設計になっています。今年はさらにあちこちのイベントで活躍すると思いますので、見かけたらお声掛けください。
脚のほうの具合はいかがでしょうか。寒い季節なのでお体ご自愛くださいね。これからもコンサラートを宜しくお願いします。園田
Posted by 園田晋平 at 2012年01月04日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック