2012年03月25日

小野史人:Googleカレンダーを使い倒す

Googleカレンダーって本当に便利ですよね。
スマホとの連携もできるので、インターネットに繋がる端末があれば、どこからでも自分のスケジュールが入力できるし、参照できるし。

プライベートでもお仕事でも「もう使っているよ!」という方も多いのではないでしょうか。

でもスケジュールを入力して、参照するだけじゃもったいない。

自分の時間の使い方が気になりませんか。

そういう時は、これを使ってカレンダー別に時間集計してみましょう!

GTimeReport
http://www.gtimereport.com/

Googleカレンダーは用途別に複数カレンダーが作れますよね。
GTimeReportはカレンダー別に時間を集計してくれるんです。

しかも集計結果をExcelに落とせるので、自分の時間の使い方が分析できます。
皆さんもぜひ1回、試してみてください。

集計してみて、私も思いましたよ。
「もっと仕事しないとな」って(笑)。
posted by コンサラート at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野史人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

覚張和寿:チャリンコこいで


家から約1時間30分チャリンコこいで、
葉山の森戸神社から江の島、富士山をみた風景です。

2011-12-10 10.23.42.jpg

週末の時間が取れる時、以前は歩いていたのですが、
同じ時間を掛けるんだったら、もっと遠くまで行きたい
と思い立ち、昨年の冬、チャリンコ買いました。
最近、横須賀やら鎌倉へやら、こいでます。

「緊急ではないけれど重要な事」は、ドラッガーが言うように
『大きな成果を出す人は、問題に集中しているのではなく、
機会に集中している』ことから必要だと思ってます。

ただそれ以前に、『日常の生活を普通に過ごせる幸せ』のために、
健康のための運動や問題を未然に防ぐための準備などという
「緊急ではないけれど重要な事」がいるんだな、と感じます。

目前の事に追われ、また目前の事しか考えられない
「=いつでもチャリンコこいでる状態(自転車操業)」
にならないようチャリンコこぎます。

































posted by コンサラート at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚張和寿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

原賢治:治に居て乱を忘れず

「治に居て乱を忘れず」

これは、2500年前に孔子が言った言葉ですが、
「平和な時であっても、戦乱の時のことを忘れず、
いざというときの準備を怠ってはならない」という意味だと思います。

震災から1年がたち、こちら(関東)ではほぼ普通の生活に戻っていますが、
いつまた大きな災害が来るかもしれません。
そのようなときに右往左往しないためにも、
普段の生活でも準備を怠らないようにしたいものです。

そしてこれはまた、経営にも言えることではないでしょうか。

経営が安定し順調な中にあっても、
いつ大きな環境の変化にみまわれるかもしれないと用心に用心を重ね、
予想されるリスクに対して、二重、三重の手を打っておくといことも、
経営者には必要な考え方だと思います。

posted by コンサラート at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 原賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

岩岡博徳:来年度の目標

岩岡です。いよいよ今年度もあと1ヶ月を切りました。年度の変わり目は弊社にとって、正月と同じくらいひとつの大きな節目です。
今年度は、個々人のコンサルからチームコンサルに力を入れることを掲げ、横浜ビジネスグランプリ2012や職業訓練の委託などチームでの仕事を多く行うことができました。

・地元神奈川・横浜を大切にすること
・希望する多くの起業家、事業家の方々に可能な限り事業支援を行うこと

これからも大事にしたいコンセプトです。

来年度は、横浜から世界に進出する中小・ベンチャー企業の国際化支援、経営をもっと知ってもらう、もっと身近に感じてもらうための知識集約支援などができるようになることを目標にしたいと思います。

「1年前に不可能だと思っていたこと、創造つかなかったことが実現できている」
社内でよく表現されるフレーズです。不景気に負けず不可能を可能にする、次に何が起こるかどんな変化があるのかワクワクする、そんな会社にしたいですね。
posted by コンサラート at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩岡博徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする