2011年08月28日

小野史人:チームで仕事していくための注意事項

小野です。皆さま、残暑、いかがお過ごしでしょうか?

私はというと、所用のため訪れている京都でこのブログで書いています。
残念ながら、旅行ではないのですが(涙)。

さて、ありがたいことに最近はチームで仕事をする機会が増えてきました。

「チーム」・・・よい響きですよね。

コンサラートはアソシエイトも含めてメンバーが増えています。
気づけば、いつの間にか大所帯になってしまいました。だいぶ注目される存在になってきたということでしょうか。

私自身は社外取締役としては全く機能していませんが(?)、大所帯になったがゆえに2つのことに注意しながら仕事をしています。

1)「なぁーなぁーにならない」こと
2)「依存しすぎない」こと、

この2つです。


1)「なぁーなぁーにならない」こと
チームで仕事をする過程で一番やってはいけないことです。
そして私が最も嫌うことです。

2)「依存しすぎる」こと
これもお互いにとって、不幸への入り口です。
そして私が最も恐れることです。

コンサラートらしい連携体を維持していくためには、ほどよい緊張感が必要なのです。
もちろん、コンサラートは「なぁなぁ」でもありませんし、「依存しすぎず」お互いが切磋琢磨できる仕事環境です。

緊張とリラックスが両立できるコンサラート、皆さんもぜひ一度いらっしゃいませんか?

当社ではアソシエイトメンバーを積極的に募集しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

長くなってしまいました。
これから「神様のカルテ」を観にいってきます。それでは〜
posted by コンサラート at 09:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 小野史人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

覚張和寿:言うは易い、行うは難し


ここ数カ月、難易度の高い報告書作成業務と計画書作成支援に
同時並行で携わっていることで随分、精神的にも肉体的にも
タフになったような気がします。 (苦笑)

内容は全く違うのですが、オーディエンスは「企業」ではなく、
「第三者」ということが共通しており、品質はもちろん、私が
これまでに携わったレポート・プラン作成よりも客観性や
根拠など(バックデータ等)がより求められ、さらに突然の
納期にプチパニックになることも・・・。

「品質」とは何か?
様々な要素があると思いますが、いくつかの秀作と言われる
レポート等を拝見させてもらって感じるのは、一言でいえば
「読みやすい」(書いてある内容がすぐ理解できる)という
ことです。

「読みやすい」とは何か?
私が思うに「レポート等とは読む相手に納得してもらうもの」
を踏まえたストーリーとリズムだと思います。

とはいえ、
「言うは易し、行うは難し」  なかなか文章がうまくなりません・・・。



posted by コンサラート at 11:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 覚張和寿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

原賢治:民が民を支える仕組み事業


このたび、私が会員になっている
我孫子市のNPO法人ACOBAが、
「民が民を支える仕組み構築モデル事業」を受託し
私もこの事業に参画ことになりました。


この事業は、
国の「新しい公共支援事業」の交付金をもとに千葉県が実施するもので、
NPO等の取り組みを活性化し、よりよい地域づくりにつなげるため、
平成23年度から24年度にかけて、松戸市、柏市、我孫子市で
県民・企業等が日常的に資金・物品・人材等の資源をNPO等に提供することで、
その事業を支える仕組みを構築するモデル事業です。

私は主に、企業とNPO法人等のマッチングをスムーズに進めるための
コーディネーターの取りまとめ役として動くことになり、
寄付に興味のありそうな企業に出向き事業説明をしたり、
NPO法人等に、より寄付を受けやすくするアピールの仕方など伝えていきます。

具体的な成果が出るよう、
がんばっていきたいと思います!

posted by コンサラート at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 原賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする