2010年02月28日

岩岡博徳:古澤智さん

オリンピックの時だけフィギュアスケートファンになる岩岡です。ワールドカップの時だけサッカーファンにもなります。



コンサラートのアソシエイトとして、古澤智さんにご登録頂きました。

古澤智さんは、日本を代表する総合電機メーカーで家電の設計畑を歩まれた後、塾講師、中小企業支援団体を経て、中小企業診断士、社会保険労務士として独立をされました。

独立当初から猛烈に忙しいようで、私たちコンサラートメンバーも彼からお仕事を頂きました。感謝感激雨あられでございます。

彼と打合せをすると、話がわかりやすく理解も早いので、スパスパっと物事が決まり気持ちがいいです。

今は、自分自身の専門分野を探しておられるようですが、製造業診断、労務関係が得意なように思います。何かありましたら問い合わせを下さいませ。

古澤智氏のプロフィールはこちら

お問い合わせ・お打合せをご希望の方はこちらからどうぞ!

 banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキング&ブログ村に登録しています。
快いクリックをどうぞよろしくお願いします。

posted by コンサラート at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩岡博徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

覚張和寿:寝床にて

こんにちは、がくはりです。

午前中の雨が上がり、晴れて来たにも
かかわらず、寝床の中でのブログです。

10日ほど前から風邪をひき、これで2週連続
日曜日は布団の中でぐったりしてます ((+_+))

独立してから冬の電車やバスの中ではマスクを
必ず着用しているんですが、やはりウイルスには
かないませんね・・・。

前職が医薬品メーカーでしたので、「こんな症状には
この成分が効きます!」と理屈は解るのですが、
実際には、しばらくはちゃんと安静してないと治らない、
とつくづく感じます。

生物が本来持っている自然治癒力や免疫力が一番の
薬なんですよね。 ここでこじ付け的に・・・、

企業も外部からのリスクに対応するには、経営者の
リスク対応力に加え、その企業が培ってきた組織や
企業風土がものをいう。

では、これから風邪薬を服んで明日に備えたいと
思います。



posted by コンサラート at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚張和寿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

原賢治:IT産業クラスター発足会

先週41才になった原です。

さて、私は横須賀市産学官コーディネーターとして、財)横須賀市産業振興財団で活動しているのですが、
そこで、来年度から新たにIT産業クラスターを発足します。

来月の3月17日に発足を記念して、シンポジウムを開催します。
通信技術を基にした新技術を開発する企業・大学の皆様のご参加をお待ちしております。
当日、企業紹介の資料を配布する予定です。フォーラムに出席できない方でも
掲載は可能ですので、PRをしたいという企業の方は、私までご連絡ください。

以下ご案内です

横須賀リサーチパーク(YRP)には企業等の研究機関と大学の研究室が
多く立地しています。昨年1月に開催した「企業と大学の交流広場
in YRP
を契機に、地域の中小製造業やITベンチャー、大学等の研究者が自由に
情報交換を行い、その中から相互の連携によって情報通信技術(
ICT)を
基にした新たな事業構築を目指す・・・このようなことを目的として、
このたび「
IT産業クラスター検討会」を始めることとなりました。

参加資格は問いません。産学官連携に関心をお持ちの皆様の参加を
お待ちしています。


日  時 平成22317日(水)午後3時〜午後630分(交流会含む)
会  場 神奈川県横須賀合同庁舎5階大会議室(交流会は地下食堂にて)
     
横須賀市日の出町2919 京急横須賀中央駅下車徒歩10
定  員 50人(先着順)参加対象
     情報通信技術に関わる大学・事業者・個人の方並びに関心をお持ちの方どなたでも
参加費用 無料(但し交流会参加者はお一人1,000円を当日ご負担いただきます)申込み先 ㈶横須賀市産業振興財団(〒238-0041横須賀市本町3-27産業交流プラザ内)

       電話046-828-1631  FAX 046-821-1207 
             E-mail:plaza4@olive.ocn.ne.jp


フォーラム


1 基調講演「横須賀におけるIT産業クラスター構築について」(15:00〜16:00)
  東京電機大学 未来科学部情報メディア学科 教授 安田 浩 氏

2 「紹介カード」掲載大学・企業からのプレゼンテーション(16:00〜17:00)
  『大学・企業紹介カード』掲載および当日のプレゼンテーション希望者募集中! 
 
3 交流会:参加者相互の情報交換、懇親の場(17:00〜18:30)
 


 
posted by コンサラート at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 原賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

臼井真美:南米で日本人の心を見る。


こんにちは、1月29日〜2月10日まで、南米に行ってきた臼井です。

今回の旅は、ペルー、パラグアイ、アルゼンチンです。
目的は、日系の方々との交流や、農業事情視察が主流です。
親しくさせていただいている、サラダコスモの中田社長に数年前からお誘いを受けていたのですが、なかなか実現できず、やっと行くことができました。
サラダコスモは、日本のもやし業界では、No2、もやし以外にも多数の農産物、農産物のテーマパークも手掛けている、注目されている農業パイオニア企業です。
サラダコスモ http://www.saladcosmo.co.jp/

アルゼンチンには、サラダコスモの子会社が持つ広大な農場があります。
潟Mアリンクス http://www.gialinks.jp/

参加者は、40名で年齢層は、20〜70代までの中田社長と縁がある人ばかりでした。
経営者が大半でしたが、大学教授、建築士、会計士コンサルタント、デザイナー、農業者とさまざまな人たちが結集。
この南米旅行は、旅行のトライアスロンといわれるほど、ハードなスケジュールで、2時間寝て20時間起きてる・・・等、頻繁にありました。
しかし・・70代といえども、この人たちが筋金入りの人たちです。
私は、あまりのハードさに、20年ぶりに風邪をひいてしまい、その激しい咳のために目の血管が切れ、アルゼンチンで受診をするはめに。
健康には自信があったので、逆に油断し「これが過信だ!」と深く反省。
私以外にも、今回、健康コントロールがうまくいかなかった人は、緊急入院をしたり・・とにかくハードでした。
中田社長は60歳ですが、みんなの2倍動き回り(かなり危険そうな古い車を自分で運転して、アンデス越え2400km等・・)元気いっぱいでした。
経営者は健康管理も重要だと痛感。

前置きが長くなりましたが、今回の旅では、各所で出迎えてくださる日系の皆さんに「日本人の誇り」を感じました。
移民生活は、行ってみたらジャングルだけがあり、木の根っこを抜いて、自分たちの家を造るところからのスタートだったそうです。
10年前まで、電気が通っていなかったところもあったり・・・。

しかし、頑張って農業を続けてきた結果、現在は日本でもそうそう見ないような、お屋敷に住む方々も多くいます。
日本人は各国で「嘘をつかない、信用できる、一生懸命」との評判が高く、日系の方もそのことを誇りにしていました。
そして、遠く離れ、日本を愛する気持ちは人一倍です。
日本の食糧供給が危ない時には、助けになってくれるでしょう。

また、自給率の低い日本は、他国で頑張る日本人の生産も「日本産」とみることができると思いました。
日本の総生産の指標をGDPではなく、GNPでみるように。

中国やアメリカは、関係にさまざまな難しさがある中、今回の視察交流では、南米の活力と、日本との関係に明るい未来を見ました。

                                                   臼井真美

posted by コンサラート at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 臼井真美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

岩岡博徳:同窓会に出席してラブプラスに興味を持つ

24年ぶりの小学校時代の同窓会に出席して、初恋の相手に当時の思いをカミングアウトしてきた岩岡です。相手の反応は・・・?

思春期、青春期に誰しもが抱く甘く切ない恋心。現在36歳の僕には遠く懐かしい記憶です。普段は思い出すことがありませんが、同窓会に出ると洪水のごとく当時の記憶があふれ出てきます。
懐かしさの中に「あの日に帰りたい」という気持ちも出てきたりします。

その気持ちを知ってか知らないでか、あるゲームソフトが話題になっているとニュース番組でやっていました。
そのゲームソフト名は「ラブプラス」。いわゆる恋愛コミュニケーションゲームのようです。
KONAMIから発売されているnintendoDS用のソフトウェアです。

自分(プレイヤー)が高校生という設定で、キャラクターである女の子を選んで擬似恋愛を楽しむゲームのようです。最初は「ともだち」としてスタートして徐々に関係を深めていく中でキャラクターの性格が変わっていったりするそうです。時がリアルタイムに流れており、しばらくDSの電源を入れずに放っておくと、キャラクターが怒ったりもします。
このような恋愛の面倒臭さも含めたリアルさが現在30代の男性を中心にウケているそうです。しかも既婚や彼女がいる男性に支持を得ているとか・・・?

メインターゲットである僕(笑)ですが、実は以前に友人からこのラブプラスを教えてもらったことがありました。その時は「フーン」という感じでした。しかし、別のところ(今回はニュース番組)で同じ話題を聞くと興味が出てきます。人間には「複数の別のところから同じ情報を聞くと信用度が上がる」というマーケティングでよく用いられる心理効果がありますが、まさにそれです。バイラルマーケティングの一種ですかね。

このラブプラスが支持されている現象をニュース番組では「男性版冬ソナ現象」とまとめていました。
なるほど、甘く切ないロマンスを擬似的に楽しみたいという点では共通していますね。女性にも理解しやすい感じがします。

今、私の机の横にはほこりをかぶったnintendoDSが置かれています。久々に電源を入れてみようかなと思いました。

 banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキング&ブログ村に登録しています。
快いクリックをどうぞよろしくお願いします。

posted by コンサラート at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩岡博徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

小野史人:リトルの公式

小野です。

ここ1週間、寒い日が続きました。体調など崩されていないですか?

最近、「フェルマーの最終定理(新潮文庫)」という本を読みました。

フェルマーの最終定理とは、「3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせがない」という定理のことです。1994年にアンドリューワイルズによって証明されました。

この定理を証明するまでの苦悩を数学の歴史と共に描いた人間ドラマです。

今日は、何もこのフェルマーの最終定理の証明をご紹介したいのではありません。
よく分からないですし(笑)。

この本を通じて数学という学問に美しさを感じました。

コンサルタントは現場では泥臭さが求められると思いますが、思考はシンプルな美しさが必要だと思います。

そこで、ご紹介したのは、日常生活に役立つリトルの公式です。

スーパーのレジの前の行列などに関して、待ち時間を簡単に測定する公式です。

スーパーのレジの前の行列があり、列の最後尾に並び始めてからレジにたどり着くまでのおおよその時間が予測できます。米マサチューセッツ工科大学のジョン・リトル教授が1961年に証明した「リトルの公式」と呼ばれるものです。

待ち時間(分)=(行列の総人数)÷(1分間の到着人数)

とてもシンプルで美しくないですか?
応用すれば遊園地やラーメン屋などいろいろと使えます。

制約条件はいろいろあるのですが、ざっくり情報をつかむのには十分でしょう。

リトルの公式はオペレーションリサーチ分野で用いられていました。
しかし、数学は複雑な研究だけでなく、日常生活に役立つ学問です。

私のコンサルも数学的要素を取り入れて理論上の基準固定費や変動費を算出したりします。
(勘定科目法や最小二乗法とは別の方法ですが)

より現実的な基準固定費や変動費の算出に興味がある社長様、一度コンサラートにお問い合わせ下さい。
posted by コンサラート at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野史人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする