2009年10月29日

岩岡博徳:おかげさまで独立開業5周年

幼い息子の笑い顔と泣き顔に振り回されている岩岡です。それでもまっすぐ家に帰るようになりました(笑

おかげさまで独立開業5周年を迎えました。

起業したらまずは5年継続できるかが勝負だ!などと周囲の方々から脅されてきたので、なんとかここまできた!という思いです(笑

この5年は密度が濃く、気持ち的には50年くらい生きたような感覚です。足りない脳を酷使したため、知恵熱になったり、それまで好きでなかったチョコレートを好んで食べるようになりました(^^;

独立の準備もせず、コンサルタントの経験もないままに始めたので、最初はわからないことだらけでした。それでも多くの方々の支援を受け、知らないことをひとつひとつ教えてもらいながらの5年でした。また、今でも穴があったら入りたいような失敗も多くしてきており、関係者の方々にご迷惑をかけてきました。
しかし、これらの失敗から多くのことを学ぶこともできたので、廃業につながる致命的なダメージを受けずにやってこれたとも思っております。

この5年で良かった事は、
・お客様から「ありがとう」といってもらうたびに心から感動したこと
・サラリーマン時代では会えない様な方々にお会いできるようになったこと
・人の優しさも世間の厳しさもダイレクトに感じることができたこと
・自分の好きなことに努力ができるようになったこと
・「ああ!生きてる!」って実感する機会が増えたこと
等です。

しかし、この5年で見えてきた新たな課題も多くあります。
いつもご愛顧頂いているお客様に対して、いつもご協力頂いている同業他社様、いつも悩みを共有し切磋琢磨しているコンサラートメンバーと共に良いものが提供できればと考えております。

次のコンサラートにご期待下さい。

banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキング&ブログ村に登録しています。
快いクリックをどうぞよろしくお願いします。

posted by コンサラート at 12:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 岩岡博徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

まのともこ:五穀豊穣を願う祭

まのです。
10月も終わりに近づいて来ましたが、私は10月産まれなので、10月は大好きな月です。

そんな10月で思い出す事と言えば、実家の「村」で行われる五穀豊穣を願う祭です!
「村」と書くとすごい田舎だと思われがちですが、すごい田舎で私は育ちました!

10月の3連休の日曜日に収穫を祈って祭りがあります。
昔は日にちが決まっていたそうですが、私の様に家を出た者が帰ってきやすいようにと3連休になったそうです。
だから、この時だけは村人口が1年で一番多くなります。といっても120人くらいですが・・・。神主さんが来てご祈祷してもらったり、神社で参拝したり・・・でも一番のメインは・・・

「穀撒き(ごくまき)」です。「穀」(手の平サイズのお餅)を撒いて拾います。(節分でお相撲さんや芸能人が豆を撒く様な感じです!)どれくらいの量かといいますと・・・

村の全戸数24戸からもち米を2升ずつ集めます。24×2の48升。
1升は10合。ご飯はだいたい1人1合食べると言うので、ざっと480人分です。これがお餅になるわけですから、かなりの数量だと思って下さい。

結局、収穫祭と言ってみたところで、みんな穀撒きを楽しみに集まっているわけですから、意気込みが違うのです!!
私もその一人で、子供の頃はこの収穫祭に毎年参加してきましたが、大きくなるにつれ仕事や結婚で行かなくなっていました。たまたま去年は帰省と重なっていたので十数年振りの穀撒きでした。
「もう子供の頃の様に、我を忘れて拾う事なんてないよね・・・年取ったものだわ・・・。今年は10個取れたら良いほうだよね。」なんて思っていたのですが、いざ始まると昔の血が騒ぐといいましょうか・・・
しっかり我を忘れて拾いまくっておりました・・・。(50個ほど。)

主人や義理の弟も初めての参戦でした!!
しかし、彼らには経験がない!!
弟は降ってくるお餅を空中キャッチしようとなんとも無謀な事を試み、案の定、取り損ねた餅にメガネを吹っ飛ばされ、餅どころかメガネを捜す羽目に・・・。
まあ、私も昔、顔を上げた瞬間、おでこにお餅が当たって星が出た事もありますから、なかなかハードなお祭りなのです!!

大人になってからも思った以上に盛り上がるこのお祭りが終わると秋も本格的に深まる感じがします。

家を出てから迎える収穫祭は、昔の事を思い出させます。
田舎特有の「干渉」が苦手だった私は、都会の「ドライ」な関係に憧れていました。
実際、「都会」へ嫁いだわけですが、隣、近所の顔も知らない、偶然顔を会わす事があってもあいさつ程度の「ドライ」な関係になんとも言えない寂しさを感じたものです。今は慣れましたが・・・。

私の様なタイプは離れてから、無くしてから、その大切さに気づくのです。
親のありがたみも、家族の大切さも・・・でも離れてみなければ解らなかったわけですから、それはそれで良かったのだと思います。

そうやって、たまに実家に帰っては感傷に浸り・・・家族からは「現実逃避だ!自分に酔ってるっ!!」と言う意見も聞こえてきますが・・・。
いいんです!
こちらに戻れば否応なしに厳しい現実(不況・節約・家事?)が待っているんですから!!

posted by コンサラート at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | まのともこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

岩岡博徳:横浜ベンチャーポートVSコンサラート

最近の自分の写真を見て「前に比べてソフトリーな感じになってきたよね。」と妻に言ったら「お太りーになっただけじゃないの?」と言われた岩岡です。

横浜ベンチャーポートをご存知でしょうか?
民間の企業さんが横浜市から創業支援事業を受託して誕生したプロジェクトです。

ここのスタッフの方々とは仲良くさせて頂いており、ある時期はふか〜く関わったり、ある時期はメールレベルだったり。。。緩やかな関係を保っております。
お礼のあいさつを「あざーす!(ありがとうございます)」というくだけた感じでできる唯一の相手です(笑

お付き合いをしていると勉強になることが多く、特にデータベースの重要性と情報発信(キャッチコピーやデザインに魅せ方等)の方法、プロジェクトが危機的な状況になった時の対処法等を学ばせて頂きました。全てにマニュアルがあるわけではありません。全て現場で学びました。こういうのって、教科書に載ってないですよね。

少し前になりますが、横浜ベンチャーポートVSコンサラートメンバーで合同懇親会を実施しました。大いに盛り上がったので、来月また実施します。

横浜ベンチャーポートの皆さんは、普段から仕事の中で多くの方々と接しており、きっと優秀な方々が周りにたくさんいると思います。その中でも当社のためにわざわざ時間を作ってくれるのはありがたいことです。これからも良い関係が築ければ良いなと思いました。

 banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキング&ブログ村に登録しています。
快いクリックをどうぞよろしくお願いします。
posted by コンサラート at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩岡博徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

小野史人:遅ればせながらIKEA

最近、体力強化の必要性を感じている小野です。こんばんは。
東京マラソン・・・抽選でハズレてよかったのか?

さて、先週末、恥ずかしながら初めてIKEAに行ってきました。
(「近いから、いつでも行ける」と思っているとなかなか行けなかったりしますよね)

店舗の広さと品揃えに目が行きがちですが、私が一番注目したのは、店舗内の回遊性でした。
うまーく商品が陳列されていて「この順番通りに回るのが当たり前!」と言わんがばかりに順路が規定されています。
実際は、自分が感じた以上の距離を歩かされています。(結構疲れます)。

ターゲット顧客はハイセンスな家具や日用雑貨に囲まれて、心地よい日常生活を送りたい20代〜40代の大人です。
そこに子供向けの無料のベビーシッターサービスがあるのはよい点だと思います。
(付随サービスですね)

あと、レストランもよかったです。
自社の商品の良さをPRするようなインテリア・デザイン性の高いテーブル・椅子、それほど豊富ではないけれど、廉価なメニュー、併設されているキッズコーナーと家族で来店して欲しい意図がはっきり具現化されています。

POSも見たことがないものでした。グローバルカンパニーはIBMのPOSを使っていることが多いのですが、IKEAはそうではありませんでした。お札も・・・横?スウェーデンの主流は横型なんですかね?
SBSH00461.JPG

個人的には、あの明確なストアコンセプトはかなり好き嫌いが出そうです。
家内は、「2段ベッドとか重い家具とか、安心感の欲しい家具は自分で組み立てたくない」と漏らしていました。

ちなみに我がコンサラート事務所のデスクと椅子は、私以外はすべてIKEA製で統一されています(笑)。
posted by コンサラート at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野史人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

岩岡博徳:ispring

テニススクールのレッスン予約を取ろうと思ったら満杯で仕事をしている岩岡です。なぜか妻が不機嫌です。

先日、PowerPointをFlashに変換できるソフト「ispring」というものがあることを教えてもらいました。

この機能を使えば、素人には難しいFlash技術もPowerPointで難なくクリアー!
しかもフリー版がある。久々にソフトウェアに感動しました。

サンプルはこちら。


 

フリーダウンロード版はこちらです。

 banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキング&ブログ村に登録しています。
快いクリックをどうぞよろしくお願いします。

posted by コンサラート at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩岡博徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

岩岡博徳:中小企業大学校

大学校.JPG

インストラクターやセミナー講師で各地を転々としている岩岡です。松阪牛はおいしかった!

さて、9月は中小企業大学校東京校で中小企業診断士養成課程のインストラクター(サブ)を中心に仕事をしておりました。

中小企業診断士を目指す実習生に対し、実際の企業さんで診断実習を行うというものなので、その実習の指導補助を行って参りました。

1実習に対し、10日間ほどの時間を費やします。今回で6回目なのですが、私自身大変勉強をさせて頂きました(^^;

今回、実習先となって頂いたのは、小高莫大小工業さん。「莫大小」と書いて「メリヤス」と読むそうです。
ニット生地やリブニットを製造しております。現在の小高社長は30代の3代目です。常に前向きで情熱を燃やしてお仕事をされております。大変勉強家でインターネットについても相当詳しいです。しかも毎日ブログを書かれています。

小高 集 「目指せ!! 強小企業2.0」 - 経営者会報 社長ブログ

何度もブログ執筆を挫折した私にとっては脱帽です。

実習では小高莫大小工業さんの求める診断テーマと、ヒアリングで導き出された課題を元に提言が行われました。

実習中の実習生は毎日3時間程度の睡眠を余儀なくされ、朝から晩まで調査、分析、議論、執筆を進めていきます。その努力と根気は、指導する立場である私もただただ感心してしまいます。

ただ、実習中はあくまでインストラクターの立場。彼らをほめるだけでは彼らの学習にならないので、いろいろと苦言も呈しないといけません。時には悩むこともあったりするのですが、そんな時もインストラクター(メイン)の先生から適切な助言を頂きました。

日々是勉強、日々是学習、日々是経験ですね。

そうこうしてできた診断報告書、そして小高社長とスタッフにプレゼン。
小高社長からは、ありがたいお言葉を頂きました。

冒頭の写真はプレゼンが終わり、社長と弟さんの一緒に懇親会を行っている模様です。
みなさん、お疲れ様でした!!





※本文掲載に当たる固有名詞、写真等は関係者の方々の許可を頂き掲載をさせて頂いております。
posted by コンサラート at 12:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 岩岡博徳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臼井真美:まず、目の前のことをなせ

最近、とても心に響く(刺さるという方が適切?)言葉に出会った。言志四禄の言志後禄107番「まず目前のことをなせ」である。
「人が物事をするときには、目前のことに手抜かりが多いのに、むやみに将来のことを考えめぐらすものである。その時その時の事柄を処理して、丁度うまくいくようにすると、過去から将来まで、自然に程よく処理することができるものである」ということだ。
返事が遅くなってしまい、失礼したり、やるべきとこの在庫処理に追われてチャンスを逃がしたり、焦ってしまい、ミスしたり・・・確かにその通り。
振り返ってみると、ドンドンたまってしまう「やるべきこと」に毎日翻弄している。「10月はやるべきことをリアルタイムで処理できるようになる、在庫なし!」を目標にした。今を一生懸命生きることをしてみたい。

ところで、この言志四禄に出会ったのは、私の師匠T先生のおかげである。今、T先生の語録集をまとめている。5年間、ずっとT先生の言葉を記録してきた。軽い気持ちで「先生、私、先生のお言葉をこの世に残すのが夢なのです!」と言ったところ、「臼井さん、まとめてみてね」との命がでた。大変嬉しかったので、早速、まとめだし、解説を書こうと思ったところで、手が止まった。
先生は簡単な比喩を使ってわかりやすく言っているが、そのベースは「言志四録」「孔子」や「生命科学」まで広がりを持っている。また、経済界の実務家でもあり、科学者でもある。その上、日本、世界文学にも精通しており、P.Fドラッカーとも対談したこともあるほどの人の言葉を、私の陳腐で稚拙な知識で書いていいのか??まずは、言志四録を学び始めたという流れだ。 
しかし、先生は高齢なので、きっと急いでいる。年中にはまとめなくては、いつものように優しく、そして、とてつもなく怖いお叱りを受けるだろう。

「まず、目の前のことをなせ」・・・。
来月には私の「やるべきこと」がきれいさっぱりとした状態で、T先生の執筆のみに集中している・・・はずである。

 banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
人気ブログランキング&ブログ村に登録しています。
快いクリックをどうぞよろしくお願いします。

posted by コンサラート at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 臼井真美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする